2018年 12月 27日
柿のある風景 -佐賀市大和町名尾地区にてー
2018年(平成30年)も残り4日となりました。
私事で恐縮ですが、今年もいろいろありましたが、
何とか正月を迎えることができそうです、どうか皆様も
良いお年をお迎えください。
また、ブログは本日にて終了し、1月10日(木)より
始める予定です。
週一回の拙いブログではありますが、本年同様来年も
よろしくお願い致します。<(_ _)>

カメラ:FUJIFILM X-Pro2
レンズ:FUJIFILM XF35mm F1.4 R
[焦点距離(35mmフィルム換算)] 53.0mm


1 鈴なりの柿  -青空のもと美味しそうな柿(でも多分、渋柿)が実っていましたー
 
c0014538_15472697.jpg

2 更に近づいて撮ってみました、美味しさがつのりますね
c0014538_15474310.jpg

3 白い家  -遠くに柿木に隠れるようにして白い家が見えます、昨年も撮りましたー
c0014538_15475688.jpg

4 柿に白い家は好く似合う  -また、更に近づいて撮りました短焦点レンズは良い運動になります(笑)ー
c0014538_15481253.jpg

5 熟し柿  -子供の頃食べた、熟した渋柿の美味しさを思い出しましたー
c0014538_15482445.jpg

6 柿のある風景  -こんな大きな柿の木も珍しいですね、子供の頃柿木は折れやすいので登るのは厳禁されていましたー
c0014538_15483915.jpg



by tusima-kaji | 2018-12-27 16:33 | 撮影紀行 | Comments(6)
Commented by jikomannte at 2018-12-27 17:56
今回は1、2、6枚目に惹かれております。
干し柿の里の柿ですから、渋柿と思われますが、しかし良い色してますね。
夏のビタミンカラ-が向日葵なら、冬のビタミンカラ-は柿かも知れませんね。
Commented by ワンちゃん at 2018-12-28 09:17 x
5枚目が良いです。
なんと言っても、板塀に映った影が最高です (*'▽')

沢山実った柿の色も…Fuji特有の濃い目の味付けが
季節感をより一層盛り立ててる!
そう感じます ♪~

* 今年も一年間kajiさんの素晴らしいコメントに
  どれだけ後押しして頂いたことか!
  本当に感謝しております。

拙宅は、暮れも正月も平常営業ですので (笑い)
時間がありましたら、チラッとでも御覧頂ければ嬉しいです。
   良き年をお迎え下さい ♪~
Commented by nakajimaakira1948 at 2018-12-31 11:41
kaji さん、こんにちは!

年賀状の代わりで~す。

kajiさん、奥様とご一緒に 良いお正月をお迎えください。
Commented by tusima-kaji at 2018-12-31 14:12
純さん、こんにちは。
今回は1、2、6枚目に惹かれていただき、嬉しいコメントを
ありがとうございます。
1、2枚目は、秋空に枝垂れる鈴なりの柿に惹かれて撮りました
6枚目は行きずりの風景、名尾地区から背振に入った辺りの集落
ですが、見事な柿の木に惹かれました。
晩秋の風情を撮影するには此の辺の風景が一番気に入っております。

とうとう、大晦日になってしまいましたですね、今年も野暮用が
多くて、満足な撮影が出来ず厳しい一年となってしまいました。
でも、そんな野暮用も一段落、写真は私にとって唯一の趣味ですから、
これからも身体が動く限り続けていきたいですね。
そんな訳で来年も宜しくお願いします。(笑) 
Commented by tusima-kaji at 2018-12-31 14:24
ワンちゃんさん、おはようございます。
今回は5枚目にお見通しの嬉しいコメントをいただき、
ありがとうございます。
>なんと言っても、板塀に映った影が最高です (*'▽')
板塀の影は撮影者も同感のお言葉で、嬉しい限りです。
田舎ならではの小屋の板壁に映る枝葉の影と熟し柿、
こんな風景に出会えたことを感謝しております。

今年もとうとう、大晦日になってしまいましたですね、
こちらこそ、今年1年ワンちゃんの嬉しいコメントに
励まされて来ました、とても感謝しております。
来年もよろしくお願いいたします。
”良いお年をお迎えください”
Commented by tusima-kaji at 2018-12-31 14:41
nakajimaakira1948 さん、こんにちは、
ご無沙汰しております。

今年も嬉しい年賀状をいただき、ありがとうございます。

nakajimaさんも奥様、ご子息とご一緒に素敵なお正月をお迎えください。


<< 謹賀新年      「晩秋の仁比山神社の紅葉」 >>