2018年 05月 03日
雨上がりの切木のぼたん(唐津市肥前町にて)
今回は4月15日に撮影した肥前町の切木(きりご)の
ボタンを更新します。
このボタンは普通のボタンより一回りほど大きく、花弁も
ふっくらとして美しいのですが、今回は運悪く雨上がりで
寂しい感じでした。


1 二人は二輪草と言いたいところですが、ボタンでは大き過ぎますか(笑)
c0014538_20105702.jpg

2 雨にもめげずに咲いてます
c0014538_20111420.jpg

3 萎れてはいません
c0014538_20112994.jpg

4 雨の滴もいいもんですね
c0014538_20115131.jpg

5 葉陰から飛び出していたおかげで乾くのも早かったようです
c0014538_20121323.jpg



by tusima-kaji | 2018-05-03 20:28 | 花(薔薇、紫陽花、ほか) | Comments(5)
Commented by ワンちゃん at 2018-05-04 09:29 x
「立てば芍薬、座れば牡丹」と謳われ
昔から美しい花の代表格とされているだけあって
艶やかですね (^_-)---☆

「雨滴が引き立て役になり、艶やかさが一層強調されている」
そう感じました ♪~
Commented at 2018-05-04 09:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jikomannte at 2018-05-04 09:38
ピンクの花と緑の葉、雨の滴のアクセントが効いてますね。
Commented by tusima-kaji at 2018-05-04 12:16
ワンちゃんさん、こんにちは。
今回は「切木のボタン」に艶がある、という嬉しい
コメントをいただきありがとうございます。
ここ1、2年現地を訪れてなかったのですが、しっかり
咲いているのを見て安心しました。

あいにく雨上がりでしたが、
>「雨滴が引き立て役になり、艶やかさが一層強調されている」
>そう感じました♪~  のお言葉は嬉しい限りです。
また、>今朝は一発でokでした。は更に嬉しいですね、
私も安心しました。(^^)
Commented by tusima-kaji at 2018-05-04 12:30
純さん、こんにちは。
今回も「切木のボタン」に雨の滴のアクセントが
効いているという、嬉しいお言葉をいただき、
ありがとうございます。

久し振りに訪れたのに雨上がりとは、少しがっかり
しましたが、元気に咲いているのを見て安心しました。
育成している井手家の方々に感謝ですね。
帰りに妻への土産を兼ねて「草餅」を買って帰りましたが
実に美味しかったですね。(笑)


<< 石楠花の咲くお寺(武雄市、高野...      桜シリーズ4(最終回)「馬場の... >>