2016年 03月 17日
牛尾梅林の春 Ⅲ
前々回の牛尾梅林Ⅱの続編ですが、撮影日は違います。
今回の方が1週間遅れて撮影したものですが、それ程の
違いが感じられないのはやはり気候のせいでしょうか、
このところ寒い日が続きましたからね。(^^;)
*カメラ: Fujifilm X-T1
XF18-135mmF3.5-5.6R LM OIS


1 正面の山は地図では「両子山」と書いてあります、以前土地の人に尋ねたら「ふたごさん」と答えられました。
c0014538_16433229.jpg


2 超満開の梅
c0014538_16435157.jpg


3 菜の花と共に
c0014538_16441073.jpg


4 梅と菜の花
c0014538_16442983.jpg


5 春霞     -本当はそれほど霞んでいませんでした、少しボカシすぎたようです。(笑)-
c0014538_16444619.jpg


by tusima-kaji | 2016-03-17 17:03 | 牛尾梅林 | Comments(12)
Commented by jikomannte at 2016-03-17 21:14
今回は3、5枚目に惹かれました。
3枚目は枝振りの面白さと、色の面白さがありますね。
5枚目は浅い深度で、花の柔かい描写が素敵ですね。
背景暈けが綺麗な女性を想起させてくれますね。
Commented at 2016-03-17 21:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MJK at 2016-03-17 22:47 x
こんばんは
今回は3枚目の切り取りにびびびです。
控えめな梅と菜の花が,どっしりした古木のサポートを受けている感じがします。
今年は梅の開花が早かったですけど,桜ももうそこまで来ているようですね。
Commented by tusima-kaji at 2016-03-18 01:14
純さん、こんばんは。
今回は3、5枚目に惹かれていただき嬉しいコメントを
ありがとうございます。
3枚目の枝ぶりの良さと色の面白さについてコメントいただき嬉しいです、
この梅の木はもう老木で多くの花を咲かせることはできないようです。
菜の花が色を添えてくれたことが唯一の慰めでした。
5枚目は撮影者の意図を汲んだお言葉ありがとうございます。
背景は仰る通り若い素適な女性で、真剣に写真を撮っていました、
それで居場所を離れてくれるのを待っていたのでが、すぐには離れそうにもないので
ボカシ作戦に出たという次第です、今にして思えばピシャリとピントの合った画像を
1枚ぐらい撮っておくべきでしたねぇ。(笑)

Commented by tusima-kaji at 2016-03-18 01:22
鍵コメさん、こんばんは。
業務連絡承りました、基本的には了解です。
細部は別途、ということで。
Commented by tusima-kaji at 2016-03-18 01:32
MJKさん、こんばんは。
今回は3枚目にびびびをいただき、嬉しいコメントをありがとうございます。
菜の花と梅の木の関係は実は古木の方が菜の花にサポートされている状況でした、
梅の木のそばに咲く菜の花は、梅の木にとって、重要な応援歌でした。
Commented by ワンちゃん at 2016-03-18 06:14 x
1枚目:両子山と書いて「ふたごさん」?
    なるほど 「名は体を表す」 を地でいってるみたいな地名に納得です(笑い)

今回のシリーズでは、3枚目がお気に入りです。
老骨に鞭打ち…精一杯、白梅を咲かせた古木に頭が下がります。
古木・足元の緑&菜の花バランスが絶妙ですし
構図も色調も ほぼ完璧!
味のある一枚だと感じます ♪~
Commented by tusima-kaji at 2016-03-18 18:38
ワンちゃんさん、こんばんは。
1枚目はそうですよね私もその時なるほどと納得しました、要は双子ではなくて二人の子供、
の意味だと思えたからです。
今回は3枚目を気に入っていただき、ありがとうございます。
構図、色調、古木と草花とのバランスに好評価のコメントをいただき励みになります。
Commented by tazu at 2016-03-19 19:11 x
お久しぶりです♪
毎年、見せていただいてますが、今年もきれいですねえ♪
鮮やかな紅梅の梅、それに菜の花、素敵な春を堪能させいただきました(^.^)
Commented by tusima-kaji at 2016-03-20 00:55
tazu さん、こんばんは。
ブログ牛尾梅林の春に嬉しいコメントをいただき、ありがとうございます。
暫らくお休みされていたようですが、コメントいただき嬉しいです、
写真はお互い、生涯のお付き合いということでゆっくりと行きましょう。
Commented at 2016-03-20 17:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-20 19:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ”陽光桜”      佐賀市高伝寺の梅 >>